プロフィール

Elmar

Author:Elmar
写真が趣味のサラリーマン。
写真を撮りながらふと思ったことや、写真に関することを書きつづります。
というか、私のための備忘録。
そろそろ記憶力が怪しいお年頃です。
一応、フォトマスター1級。
得意分野は飛行機、風景、スナップショット。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファインダーの向こう側
サンデーカメラマンの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東ランレポート1
昨日は写真をアップするだけで力尽きてしまいました...
やっと本題に手をつけます。

暴走キーボードの赴くままに...

10/7伊東ラン当日。3:30のスタート地点集合に向けて、起きたのは2:00。泣く子も黙る丑三つ時。
前日の雨は嘘のように...あがってませんね。まだパラパラ降ってます。が、昨日の天気から見れば驚きの急展開です。雲の流れも速いのでスタートまでには何とかなるでしょう。撮影機材を車に積んで早速出発です。
今回の機材はMINOLTA αSystem。 ボディはα SweetDigitalをメインに、サブでフィルム機の α-7を。
レンズは17-35mm F2.8-4、28mm F2、80-200mm F2.8Gの3本に、タムロンのテレコン1.4xもしのばせていきます。
スタート地点に着いたのは3:30。すでに事務局の方々がスタンバイしていました。Sweet Digital に28mm F2を装着して私もお仕事開始です。
PICT0001s.jpg

出発時刻が迫るにつれ、次々と参加者が集まってきました。それにしても皆さん朝から元気ですねぇ。私は眠くてたまりません。もう立ってるのがやっとなくらい。露出の計算もままならない (自分の目がアテにならない) ので、ここはPモードにお任せです。
この人、1時間くらいしか寝てないって...

いつの間にか雨はやみ、まずは初級クラスの参加者が伊東へ向けて出発します。参加者は技量によって分けられていて、出発時間が4:00、5:00、5:30、6:00と分けられているのです。この日の日の出は5:40。初級クラスは暗闇の中でのスタートです。
暗闇の向こうへと旅立つのです...

徐々に明るくなってきて、最終組もスタートしました。最終組がスタートしました!

これから車での追走を開始します。
レースは三鷹~橋本~道志~山中湖~御殿場~箱根~十国峠~熱海~伊東というルート。早いチームはすでに道志道に入っているはずです。一般道を使うと間に合わないので、中央道で調布から相模湖東まで一気にワープします。
八王子を抜ける頃には雲が徐々に白さを取り戻し、青空も見え始めてきました。西の空にはちょっとだけ虹も出ています。もう雨の心配は無さそうですね。
道志道に入って第1CPのコンビニを通りかかると、4:00発組のhokamanさんの姿が。どうやら追いついたようです。ここは通過して、あらかじめ下見しておいた撮影ポイントへ先回りします。と、すでにその先を走っている人の姿が!ありゃ。仕方ありません。ここも飛ばしてその先へ行きます。
ある鉄橋を通過したところで車を停め、橋を渡ってくるところを狙います。台風一過の青空をバックにした爽やかな画を狙っていましたが、半逆光なので顔のシャドー部と空の差は4EV。表情と青空の両立は無理です。それならばと軽くハレーション気味にして、朝日が眩しいっ!という感じで仕上げてみました。
朝日のキラキラ感が伝わりますか?

次は第2CPである「道の駅道志」へ。CPにやってくる選手達を待ちます。カメラを向けると急にダッシュしたり、両手を挙げてみたり。
元気だなぁ...orz

まだまだ全然元気そうです。 ...なんで? なんでそんなに元気なの?(笑)と、軽く精神的にダメージを受けつつ、本日のメイン、山伏峠に向かいます。ここは斜度のきつい上り坂が延々続くので、一番きついと言われるところです。この場所で必至に前へ進もうとする選手の表情を狙うつもりだったのですが、やっぱりカメラを見つけるとみんな元気に...いやいや、そんな小芝居は結構ですって。(笑)
カメラを向けると...

実はここでも逆光に悩まされました。ガードレールと雨に濡れた道路が強烈に反射するのです。マルチスポットでじっくり判断したいところですが、雲の流れが早く、光の状態もコロコロ変わるので、ここはAELを多用してやり過ごします。 
露出補正幅が±2EVしかないので、AEL併用で。

山伏峠で全員(多分)を撮った後は籠坂峠の下りに移動します。ここでは軽快に駆け抜ける姿を広角で迫力たっぷりに撮ろうという考えなのです。が、どうも山伏峠で前後の差が広がってしまったらしく、4名ほど通過した後はなかなかやってくる気配がありません。しかもトップチームはとっくに通過している様子(このとき、トップ集団は既に御殿場にいたそうです)。この先御殿場までの道はよく渋滞するので、あまり待つのは危険と考え、そそくさと第3CPであるりょたろさんのお店に向かうのですが...
下りコーナーは車よりも速かったりします。


長くなりそうなので続きは明日です。
このブログ初の連載記事です
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

同じネタでもヒトによって違う見方や書き方があるから楽しいね!
【2006/10/10 23:43】 URL | 炎嵐 #Hy3g.Oak [ 編集]


そう!参加してる視点で書き方いろいろですね。
炎嵐さんは食い物を求めて走ってるような。。
今回のピーカン具合はみんなの写真見ててもむづかしそう。ズバッと背景は青空が決まった写真は見ていて気持ちいですね。
俺は写真も脊髄系だから露出はカメラが適正値と考えてプラスかマイナスのみ。あとでデジタル処理は考えないのが基本でやってます。だから試写&プレビューはすごいしますよ。
【2006/10/11 18:55】 URL | りょたろ #qgXyQz0. [ 編集]

ありがとうございます。
今日もがんばってアップしますよ!(笑)

>りょたろ殿
私は基本的に中央重点測光+露出補正というパターンなんですよ。
風景とか、あまり動かないものをメインにやってるんで、こういうスタイルになってます。
動くもの撮るときには厳しいんですけどね。これを覚えておけばいろいろなカメラが使えますから。
でもストロボを使うときはほとんど分割測光+プログラムオートです。(笑)
【2006/10/11 21:34】 URL | Elmar #BDWGAZxU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sundayphotos.blog77.fc2.com/tb.php/11-20a3b762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。