プロフィール

Elmar

Author:Elmar
写真が趣味のサラリーマン。
写真を撮りながらふと思ったことや、写真に関することを書きつづります。
というか、私のための備忘録。
そろそろ記憶力が怪しいお年頃です。
一応、フォトマスター1級。
得意分野は飛行機、風景、スナップショット。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファインダーの向こう側
サンデーカメラマンの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅島レポート 第1回 やっぱりツナギは落ち着くね。の巻
ということで、先週末は三宅島に行って来たわけです。

今回の旅は、石原都知事がブチ上げた三宅島一周道路を利用したバイクレースの構想、それがホントに実現されるのであればその記念すべき第一回にぜひ参加したい! というチームメンバの意向により、ライダーとカメラマンで構成された選抜隊でコースの下見をしてこようというのが主な目的でした。で・し・た。
はい、ココ重要。過去形の文章。
いや、ちゃんと見てきましたけどね、コースも...

と言った次第で、三宅島探訪記のはじまりまじまり~♪
朝焼けに浮かぶ三宅島

こちらのブログもぜひ併せてご覧下さい。

今回のメンバは、ネットで三宅島の方とコネクションが出来た炎嵐殿をツアコンに、B97殿、おさるdeDESMO殿、甘えキャラ殿、サトムリーニ殿に、カメラマン(私)を入れた計6名。22:30分竹芝埠頭発の東海汽船で三宅島へと出発です。
かわう_そ殿とhokaman殿が港まで見送りに来てくれました。つか、ベロベロです。

当初は各々バイクを持ち込む予定でしたが、意外に輸送コストが高いということと、島にはレンタルバイクがあるということが分かったので、手ぶらで船に乗り込むことに。まぁ、これがある意味正解。ツアー的にも、ネタ的にも。

島内での移動は、件のレンタルバイクの他に、レンタカー、村営バスなどがあります (あ、ハイヤーもあったような?) が、東京発の船が三宅島に着くのは朝の5:00。この時間ではどの交通手段も営業していません。
つか、今の季節は日の出直後の時間帯です。
(多分、ハイヤーは営業しているが、そもそも船の乗客に対して営業車の絶対数が少ないでしょう。)
結局、自前で自転車やバイクを持ち込まない限り、朝っぱらから港で途方に暮れる事になってしまうのです。
が、三宅島で宿泊する人の場合は、その日に泊まる宿にお願いしておくと、朝、港までお迎えに来てくれるのです。
そこで一旦宿に向かい、仮眠・朝食を摂ってから行動開始。というのが三宅観光の一般的なパターンのようなので、我々もそのパターンに従います。
ひとまず宿へ向かいます。

但し、今回はあえて朝食はお願いしてありませんでした。というのは、「どうせ行きの船の中で呑んだくれるから、朝から飯は食えねーだろ。」 という推測 (だと思う) からでしたが、それが大正解だったことは言うまでもありません。見事に全員ヨッパライ。
まぁこの状態が後に大変な事態を引き起こすのですが...

今回お世話になったのは、島の北側にある民宿&ダイビングスクールsnapperさん。庭先にはストレチアも咲いて南国ムード満点です。
日射しも南国

まずは一眠りしてから島内散策に繰り出すことにしましょう。と言うことで、軽く1時間程寝て朝7時過ぎ。早速出発の準備です。

ツナギに着替えて気合いも十分... ん? ツナギ?
...ツナギ?

宿のご主人に見送られ...
あ、NikonD70のようです。

どこへ向かっているんだ、おいっ!
ごきげんですね。

はい。いきなり主目的から大きく逸れる今回のツアー。
実は朝の仮眠前、宿泊カードを記入しているときに宿のご主人から素敵なご提案が。
「イルカ見学ツアーの船に空きがあるんですけど、どうですか?」 と。
あまりに素敵すぎるお誘いに思考停止するヨッパライ6人。 と、ここで今回のツアコン、炎嵐殿が
「行きたくない人、いる?」 と。
更に続く沈黙...え? 沈黙? ということで...

こうなったわけで。
何、このテンション。

向かった先はお隣の御蔵島。
小型のクルーザー (つか漁船?) で小一時間ほど。すると...
おわぁぁぁぁあ~、イルカだイルカ!
近いっっ!!

すげー、イルカと泳いでますけど。
いーなーいーなー。

あ。ちなみに私は船で待機でした。水に入ったら死ぬまで浮いてこないというスーパーカナヅチなので...
えぇ、ウェットスーツを着ていれば沈まないということを知らなかったのです。
はい、それくらいマリン系には疎いです。あーあ。もったいねー。

まぁ実際、海に入れるような状態じゃなかったんですけどね。ゲロゲロの船酔いで。
す、すいません、ご迷惑をおかけしました。>ペンションおしどりの方々。

それでもカメラを手放さなかった私はエライといいましょうか。
けど、絵にはなってないね、やっぱり。(爆)
ハレ切りくらいしろよ。>私

さて、港に戻った我々は午後から本格的なコースの下見などに移るのですが...

長くなったので続きは明日にします。
ホントに濃い内容のツアーだったので、ネタが書ききれないのです...
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

こんなステキな『ツナギの絵』もあったんですね!
ほんと、頭悪そーでうらやましい。。。
【2007/05/15 23:33】 URL | かわう_そ #- [ 編集]


さすがエルマーさんの記録は「絵」が(・∀・)イイネ!!
ツナギの集合写真は最高です!頭わるそうでv-14
【2007/05/15 23:38】 URL | 炎嵐 #Hy3g.Oak [ 編集]


妙にはしゃいでる自分が妙に悲しい
【2007/05/15 23:53】 URL | サトムリーニ #yuiAhvyo [ 編集]


おおおおお
いるかだぁ~~~~~
【2007/05/16 02:25】 URL | Gyo #- [ 編集]


後から見ると妙なテンションも、旅の中ではちっともおかしくないんですよねー。いい旅だった証拠でしょうか。
【2007/05/16 23:32】 URL | エルマー #BDWGAZxU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sundayphotos.blog77.fc2.com/tb.php/201-a4a85216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三宅島視察ツアー その1

さる5/11~5/13まで、行ってきました「三宅島」前述したとおり、出発前の金曜夜、まずは新橋「烏森口」にキトキトRTのメンバーが続々と集結してきますさすが金曜の新橋。知り合いに聞いておいた人気店などはすっかり満席。仕方が無いからちょこっと裏手の立ち飲み系の飲み屋 なんとなくブログ【2007/05/15 23:28】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。