プロフィール

Elmar

Author:Elmar
写真が趣味のサラリーマン。
写真を撮りながらふと思ったことや、写真に関することを書きつづります。
というか、私のための備忘録。
そろそろ記憶力が怪しいお年頃です。
一応、フォトマスター1級。
得意分野は飛行機、風景、スナップショット。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファインダーの向こう側
サンデーカメラマンの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型αを考える
気になっていたα200の後継機種が発表になりました。
と思ったら、α300、α350も同時にモデルチェンジされるようです。
α230


新機種はそれぞれ
α200→α230、α300→α330、α350→α380
というラインナップになるのですが、
αをCに置き換えると、ベンツのグレードみたい?
あ~、だから違和感があるのか。と妙に納得してみたり。


機能はほぼ従来を踏襲。
画素数や、手ブレ補正、独特のライブビュー機構等は変わらず、
記録媒体がCFからSDとMSのデュアルになって、
ディスプレイの表示がより素人向けになったくらい。
主な変更点は外観の小型化と軽量化ということになるようです。
おぉ、ダウンサイジング(死語)ですな。

最軽量を狙ったあたり、MINOLTAのDNAを感じずにはいられませんが、
(軽けりゃいいってもんじゃないけどな)
デザインにはSONYらしい感じが出てきましたね。
しかしこのグリップは握りづらそうです。
グリップに厚みがない
ライブビューでの使い勝手を考えたんでしょうか。
MINOLTAのコンパクト一眼はα3700iからSweet IIに至るまで、
結構しっかりした出っ張りが付いていたもんですけどね。

特に目ぼしい機能も改良も無いので、買い替えは考えてませんが、
最近の機能至上主義に物申すかのようなこの姿勢、私は好感を持って見ています。
機能や画質はα200で充分ですし、
一眼レフにムービーとかフェイスキャッチとか要らないでしょ。
動画を撮るならハンディカムを買え!ってんです。すいません語気が強くなりすぎました。
それよりもファンダーの倍率であるとか、シャッターレスポンスであるとか、
ピントの合わせやすさであるとか、そういう基本的な所にこそこだわって欲しいのです。
SONYαはそこら辺の手を抜いていないので、エントリーモデルでも使いやすいのですよ。

α700の後継機はどう出てくるか、今から楽しみです。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sundayphotos.blog77.fc2.com/tb.php/396-7cee6e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。