プロフィール

Elmar

Author:Elmar
写真が趣味のサラリーマン。
写真を撮りながらふと思ったことや、写真に関することを書きつづります。
というか、私のための備忘録。
そろそろ記憶力が怪しいお年頃です。
一応、フォトマスター1級。
得意分野は飛行機、風景、スナップショット。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファインダーの向こう側
サンデーカメラマンの徒然日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の陽気に考える
寒雷や びりりびりりと 真夜の玻璃

            加藤楸邨


「びりり」どころじゃなかったですけどね、昨夜の雷。

そんな昨日にうってかわり、今日は台風一過のようなピカピカの青空。
有視界50kmはありましたね。
しかもここら辺(東京)は気温が20°を超えたそうで。
小春日和を通り越して、すでに春ですよ。
ついつい、今シーズンはどこに桜を撮りに行こうかなー。なんて考え始めてしまいます。
が、現在はまだまだ12月です。

さくら、ひらひら舞い降りておちて♪

MINOLTA DYNAX9
MINOLTA 300mm F4G
F4 AE 中央部重点測光 +0.7EV
FUJICHROME Velvia100
2005年4月撮影


にしても、この陽気、ちょっとおかしいですよねぇ。
個人的には、ポカポカして気持ちいいやー。なんて思ってしまいますが、そういう問題ではありません。いろいろと心配なことが出てきます。

特に来年の桜。(そっちか!)

桜は夏に翌年に咲く花の芽を作り、秋から冬にかけて休眠期間に入るのですが、その花の芽は冬の間に十分低い気温にさらされることによって休眠から覚めることができるのです。
つまり、これだけ暖かい日が続いてしまうと、うまく目覚めてくれない可能性もあるわけで。

ま、桜の開花には他の要因もたくさんあるので一概には言えないんですけどね。

とにかく、来年も再来年もそのまた次の年も、毎年きれいな桜の花が見られるようにと、私はWWFの地球温暖化防止活動を応援していたりします。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sundayphotos.blog77.fc2.com/tb.php/88-9cb0fdad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。